和室を洋室にリフォーム中の棟梁から
「窓枠を桧の上小節で用意して」との
お電話いただきました。
「無節じゃないんですか?」と聞くと
「塗装するから無節までいらない」そうです。
以前は桧の役物が高価でしたので、
小節が使われていましたが、最近は少なくなりました。
弊社でも無節なら難なく用意できるのですが、
小節は倉庫内で探して数枚用意できました。
削る際も、節が飛ばないようにとか、
節が大きくならないように削ったりなど気を遣います。
以前に比べてお求めやすい金額になっていますので、
1面無節や2面無節などをおススメします。
クリック拡大