小倉南区の浄土真宗の本堂新築工事の現場に
配達しました。
岐阜の社寺仏閣専門の工務店さんが
施工されています。
弊社にお問い合わせがあり、杉の下地材を納材させていただきました。
本格的な木造寺院です。
岐阜ですからふんだんに東濃桧を使われています。
美しい丸柱など圧巻です。
棟梁に現場を見学させて頂きながらお話をさせていただきましたが、
39歳の若さでしっかりされた方でした。
徒弟制度のある寮生活を5年されて刃物砥ぎから修行されたそうで、
本当の宮大工さんでした。
また、勉強の為見学に行きたい現場でした。
クリック拡大