昨日ご紹介した、球磨桧の180角ですが、
大工さんから
「自動カンナを通して持ってきてほしい」
とのご要望で手押しカンナで背割りの広がった部分を削り
刃物を交換した4枚刃の自動カンナで削りました。
蛍光灯の明かりで少し艶が出ています。
クリック拡大
あとは大工さんが手鉋で仕上げれば文句なしの状態になります。
自動カンナまでの加工まで弊社でできます。
セルフでもできますので、どうぞご来店ください。